仕事の効率化に欠かせない「段取り」の考え方

仕事の段取りをうまく考えて仕事の出来る人になる

仕事の効率化に欠かせない「段取り」の考え方

仕事を行う前に段取りを考えますが、ここで早く仕事に取り掛かりたいからといって、慌てて組み立ててはいけません。 急がば回れという言葉もあるように、落ち着いて段取りを考えましょう。 このページではまず、段取りを考える前に、どうやって段取りをしていくかをご紹介していきたいと思います。

段取りを組む

実際に段取りを組んでいきますが、その際に重要なのが物事の優先順位です。 優先順位をうまく考え、自分にとって出来る小さな目標を少しずつ設定することが段取り上手、仕事上手への近道です。 このページでは、そんな優先順位と目標設定についてご紹介していきたいと思います。

段取りをいつするか

いざ段取りをするという時に、一体いつやるのかということも、仕事の出来る人になる為のポイントの一つです。 このページでは、段取りを行う際におすすめのタイミングと会社や自分にとって、プラスになるマニュアル作成についてご紹介していきたいと思います。

段取りを考える前に

仕事には、デスクワークや身体を使うもの、接客業や専門的資格が必要な仕事など様々なものがあります。
どんな仕事をする時でも、まず一番最初に考えることは、どうすれば効率よく仕事をすることが出来るのかということですよね。
効率よく仕事が出来れば周りから一目置かれること間違いなし!
自分の評価につながるのはもちろん、自分も仕事をこなすのが楽しくなるはずです。

そんな仕事を効率よくする為に必要なことの一つが、仕事を取り組む「段取り」です。
皆さんは段取り八分という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
段取りというのは物事を行う前の準備という意味で、その物事がうまくいくかどうかの八割は、最初の準備で決まるということを示している言葉です。
この言葉のとおり、仕事が出来る人というのは段取りを仕事の一部として、卒なく当たり前にこなしていることが多いです。

簡単な仕事の場合には、まだ段取りはそこまで必要なく、時間通りにこなすことも難しくはないでしょう。
ですが、役職や仕事の難易度が上がるにつれ、簡単なものばかりではなくなります。
納期があったり、手順が多く人手が必要なものが増えてくると、段取りが欠かせなくなってきます。
ここで段取りをきちんと出来るのかによって、仕事の出来不出来に差が出てきます。
このサイトでは、そんな仕事を効率よくこなす為の「段取り」の考え方を分かりやすくご紹介していきたいと思います。
ぜひサイトを見て、今後の仕事を行う際の参考にしてみてください。

▲先頭へ戻る